さくら会プロデュースの郷土かるたが、ついに完成!

遊びながら人吉球磨の新たな魅力発信を目的に計画。郷土カルタがついに完成し2月26日に完成発表会見を行いました。
読み札の募集には全国から1148句が寄せられその中から46句を決定、500セットを作成しました。
会員の旅館やホテルをはじめ地元小中学校、保育園、幼稚園などに配布するほか、読み札に採用された人に記念でプレゼントします。
「子供たちにカルタで遊びながら、地元の名所旧跡や魅力を知ってもらいたいものです。

7月にはカルタ大会も計画中です。 








コメント

このブログの人気の投稿

清流球磨川の観光復興と防災を語るフォーラム

肥薩線について松本先生より講演をいただきました